ブレーンセンター「風の万華鏡」

物語1

風に吹かれて、音階見えるビル

Wind Kaleidoscope( Musical scale of the Wind. ) ブレーンセンター本社ビル 設計:新宮 晋 1992年竣工

「風の彫刻家との出会い」


1992年、本社ビルとして「風の万華鏡」が竣工しました。

 

江戸時代末期、「救民」の旗印を掲げた「大塩平八郎の乱」で知られる大阪東町奉行所与力、大塩中斎は、私塾「洗心洞」で蜂起してから天神橋で鎮圧されるまで、大川右岸のこの辺りを駆け抜けていった。

 

この地は自立自営を掲げる当社の拠点にふさわしいと考え、風の彫刻家といわれる、新宮晋さんに打診しました。

 

面食らっていらっしゃいましたが、「一回だけ建築作品をやるつもりだった。 それは大企業でなくてもいい、ベンチャー企業でもいいし、なおかつロケーションはどうでもいい、 むしろロケーションが悪ければ悪いほうが面白い。」と言われ、また、新宮さんが一番興味を示したのは、江戸時代の天満青物市場の跡地だという歴史的なことなんです。

目の前は八軒家の跡、かつての大阪の玄関口の一つというガチャガチャした場所から世界に情報発信するのは痛快だ、とおっしゃっていました。

 

その想いは現在も「風の万華鏡」を通し、天満橋から世界へ向けてあらゆる情報が発信されています。

 

竣工から20年以上が経過した現在も「風の万華鏡」には世界中から見学者が訪れます。芸術家に評論家、財界人──。

イタリアを代表する建築家、レンゾ・ピアノ氏は「本来は相反する芸術性と合理性が両立した、極めてまれな成功例だ。」と絶賛して頂きました。

 

ベンチャー企業でも、著名な芸術家と手を結ぶことで、世界に通用するものが作れた。あきらめなければ必ず何かを成し遂げられるという、わが社の精神的なシンボルでもあります。

(代表取締役 稲田 紀男)

総合デザインをてがけた、風の彫刻家「新宮 晋」の著書

『ぼくの頭の中 Inside My Thinking』から、「風の万華鏡」の物語を。

全文和英併記、新宮晋手書き

A4判上製/128頁

ISBN:9784833905497

税込価格:3,240円

出版社:ブレーンセンター

  Online Shop  》

Shinguの頭の中を読み解く、黄色いアート絵本。
掲載15作品。

フローティング・サウンド(EXPO’70)/雑創の森(京都・京田辺)/波のこだま(アメリカ・ニューイングランド水族館)/光のさざ波(兵庫・三田)/ブレーンセンター「風の万華鏡」(大阪・天満)/コロンブスの風(イタリア・ジェノバ)/水の木(兵庫・三田市青野ダム)/はてしない空(大阪・関西国際空港)/波の翼(広島・生口島)/光のなる木(イタリア・レカナーティ)/地平線(大阪・谷松屋戸田ギャラリー)/遠い空(アメリカ・ニューヨーク・メルセデスハウス)/風のフーガ(フランス・ジュアンレパン)/光のシンフォニエッタ(フランス・チュイルリー公園)/スプーンアイランドの風車(トルコ・イスタンブール・プリンシーズ諸島)

P.39

P.40

P.41

P.42

P.43

P.44

P.45

はてしない空(大阪・関西国際空港)

Fish swimming in the wind/風の中を泳ぐ魚たち

P.67

P.66

新宮晋(しんぐう・すすむ)

1937年生まれ。東京芸術大学美術学部油画科卒。

風で動く彫刻の第一人者として世界的に有名。舞台企画や演出、絵本制作など活動は多彩。

 

1960 年ローマ国立美術アカデミアに留学。絵からレリーフへ、さらに完全立体へと関心を移し、動く立体造形を始める。

1966 年帰国し、以後大阪万博、野外彫刻展等で活躍。

1971~72年ハーバード大学視覚芸術センターから客員芸術家として招かれる。

風や水を動力にした作品「羽ばたき」「双子星」「虹の木」などがあり、

“空気の専門家”と呼ばれる。近年は建築家、レンゾ・ピアノと組んだ仕事が多い。

2000年21 点の風で動く作品を1 個のコンテナに収納し、1 年8 ケ月をかけて自然の中で展覧会を行いながら世界を回るプロジェクト

「ウインドキャラバン」をスタート。

2002年ウインドキャラバンの活動により第43回毎日芸術賞特別賞。

以後、2009年から「ブリージングアース」。2011年から「田んぼのアトリエ」「元気のぼり」。

2012 年から「元気キャラバン 閖上」などのアートプロジェクト立ち上げる。

 

1975年から絵本も手がけ、「いちご」「くも」「じんべえざめ」「小さな池」「風の星」「じゃぐちをあけると」

「ことり」「旅する蝶」などがある。

最新の作品は2012年の「遠い空(アメリカ)」、「風のフーガ(フランス)」、風の森(JR吉川美南駅前広場)。

 

また、唯一の建築作品として、ブレーンセンター本社「風の万華鏡」の総合設計を手がける。〔平成4年4月竣工〕

2013年、風の万華鏡は『京阪沿線 繪になる名建築』の

10作品目に選ばれました。

絵画は、画家・水津俊和氏の作品です。

( 京阪沿線にある著名な建築物をスミ線の鉛筆コンテと淡い透明水彩で描くシリーズ )

 

 

vol.10 ブレーンセンター「風の万華鏡」(大阪市北区天満)世界の新宮晋、唯一の建築作品。ブレーンセンター本社ビル。

(2013年7月~9月 京阪電車 車内吊り・京阪電車各駅ポスター貼り)

水津氏の絵には、画暦や技巧を超越した「みずみずしさ」が溢れていて、決して見飽きることがない。どんな作品からも、「絵を描くという行為の、いちばん始まりにある心の震え」のようなものが、切々と伝わってきて、ほのぼのとした感動を呼び起こす。作家・若一 光司

 

強烈な色彩、奔放なタッチ、繰り返される含羞。水津さんの絵は、観る者に温かさと親しみを与え、風景を味わい深い物語に変えてくれます。作家・久坂部 羊

 

*「鉛筆コンテが観た京阪沿線の美景」展(京阪百貨店守口店7階京阪ギャラリー)の京阪電鉄車内吊りポスターから転載。

vol.1

京都文化博物館

(京都市中京区)

 

京都文化を理解する先駆けとなる博物館。辰野金吾氏の建築で、1969年に重要文化財に指定されている。(旧平安博物館、旧日本銀行京都支店)

vol.2

清水順正 おかべ屋

夢二カフェ 五龍閣

(京都市東山区)

 

大正ロマン香る洋館風建物。武田五一氏の建築で、1999年に登録有形文化財に指定されている。(旧松風嘉定邸)

vol.3

叡山電車 鞍馬駅

(京都市左京区)

 

駅舎は寺院風の木造建築で「近畿の駅百選」の選定駅。

vol.4

石清水八幡宮 本殿

(京都府八幡市)

 

日本三社、三大八幡宮、三大厄神の一社。「やわたのはちまんさん」の名で古くから親しまれ、崇敬される。

vol.5

比叡山延暦寺

(根本中堂)

(滋賀県大津市)

 

比叡山三塔十六谷の中心で、根本中堂は1953年に国宝に指定されている。

vol.6

鞍馬寺(仁王門)

(京都市左京区)

 

天狗、牛若丸(源義経)伝説や与謝野晶子ゆかりの寺としても知られている。

vol.7

大阪市中央公会堂

(大阪市北区)

 

大正時代に建てられたネオ・ルネッサンスを基調にバロック的な躍動感を加味した意匠。2002年に重要文化財に指定されている。

vol.8

カトリック枚方教会

(大阪府枚方市)

 

京阪電車の車窓風景で人気がある建物。気品あるグァダルペ(メキシコ)の聖母マリアの大聖画が飾られている。

vol.9

京都タワー

(京都市下京区)

 

京の街を照らす灯台をイメージして建てられた。東本願寺からの眺めも美しく「お東さんのローソク」とも呼ばれている。

vol.11

外輪船「ミシガン」

(滋賀県琵琶湖)

 

ミシシッピー型後部外輪船。ゴージャスに白を基調とし、木の温もりも感じさせられるこの船は、環境保全にも配慮されて造られている。

vol.12

伏見稲荷大社

(京都市伏見区)

 

日本三稲荷のひとつ。関西最多の初詣参拝者でにぎわう「お稲荷さん」にある朱塗りの千本鳥居。

vol.13

二条城

二の丸御殿唐門

(京都市中京区)

 

世界文化遺産の二条城。国宝の二の丸御殿の入り口にある荘厳な唐門。

vol.14

花街、

宮川町の町家

(京都市東山区)

 

祇園甲部、先斗町、上七軒、祇園東と並ぶ、京都五花街(ごかがい)のひとつ。

vol.15

水晶橋

(大阪市堂島川*)

 

中央公会堂、中之島図書館と並び、異国情緒溢れる名橋。中之島と西天満を結ぶ。

 

*旧淀川の一部:中之島より上流が大川。下流が安治川。中之島の北側が堂島川。南側が土佐堀川。

vol.16

叡山電車 二ノ瀬駅待合室

(京都市左京区)

 

京阪グループの叡山電車 二ノ瀬駅ホームには、木のぬくもりが感じられるログハウス風の駅待合室が佇んでいます。

vol.17

先斗町通の町屋

(京都市中京区)

 

京都の通りでも最も人気のある先斗町通は、花街特有のお茶屋さんや飲食店などが軒を連ねています。

vol.18

京都国立博物館

(京都市東山区)

 

京都を中心に文化財の展示、保存、研究を進める京都国立博物館は観光地の東山にあります。重要文化財でもある正門は、異国情緒漂う建築様式になっています。

vol.19

南禅寺・水路閣

(京都市左京区)

 

南禅寺境内に悠然と佇む水路閣は、周辺の景観に配慮したデザインで明治21年に完成した琵琶湖疏水分線の一部です。

vol.20

三条大橋

(京都市中京区

 -  東山区)

 

京都市内の南北を流れる鴨川に架かる三条大橋は、東海道五十三次の終点地でした。

vol.21

清水寺の紅葉

(京都市東山区)

 

清水寺は紅葉の名所としても名高く、中でも「清水の舞台、下の錦雲渓のカエデ群は圧巻で、燃える赤に参拝の方が酔いしれます。

2015年春、画家・水津俊和氏より。

「風の万華鏡と大阪水上バス」2015年4月

物語の締めくくりに、建築雑誌『新建築』

1992年6月1日発行分より。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

株式会社ブレーンセンター BCBOOKカスタマー担当

電話 06-6355-3300/ FAX 06-6881-2630

(受付時間 : 平日AM9:00~PM6:00)

E-mail bookinfo@bcbook.com

Since 1975:環境、人権、アート、ノンフィクションなどの書籍を出版。発行点数520点。地域の相互扶助を促す「月刊マイ奈良」創刊37年480号